読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレバスと炸薬亭

映画や本、お芝居などのレビューを中心にやってくよ。

風の馬

『ルンタ』はチベットのドキュメンタリー映画です。 中国に侵略されたチベット人の焼身自殺が相次いでおり、その背景を描いている。 ダラムサラのチベット亡命政府で建築家として働いているらしいナカハラさんという方をガイドにまつわる人のインタビューな…

破壊か創造か

写真の建物をご存知だろうか? 中央に鎮座するのは、踊るシヴァ神ナタラージャの像である。とはいえ、ここは寺院ではない。 欧州原子核研究機構=CERN 全長27キロの大型ハドロン衝突型加速器(LHC)を有する先端科学施設だ。 先端科学施設とヒンド…

神様とぼくら

へい。 こんばんわ。どみにくです。 本日は『GODUS』というゲームを紹介しようと思います。 今後じわじわ来ると思います。っていうかもうキテる??? これ、いわゆる神ゲーというやつなんですけど、神のごとく素晴らしいというわけではなく、、、 その…

エスケープ・フロム・ユアライフ

随分、間が空いてしまいました。 大したネタがなかったからでありますが、ブログなんてものはご大層な事件を綴るものでもないですもんね。気を取り直していきます。 えー先日同僚が消えました。 お盆明けに忽然と姿を消したのです。出勤時間に現れず電話にも…

シーザー・ミラン

メキシコから密入国してアメリカ市民になったというカリスマドッグトレーナーです。 huluの『シーザー・ミランの愛犬レスキュー』という番組で何の気なしに観たのですが、思わず引き込まれ全部観てしまいました。 シーザーのリハビリを受けた犬たちが見る見…

日本語はじめました

マッドマックスを観た!!! 感想を書こうと思ったのですが、みんなの感想と大した違いはないのでやめとく。 うちの生徒が「北斗の拳のパクリだ!」と自信たっぷりに言っていたが、歴史を知らないとは恐ろしいことです。 最高なんでみんな観るべき。それだけ…

どみにく・ゴー・ウェスト!

兵庫県に足を伸ばしてきました。 神戸港の水面の固さを確認するために笑 意味わかんねーよね。 もしかしたら近い将来、神戸港の水面に叩きつけられる可能性があるので、簡単なロケハンというかリハーサルに行ってきました。 ますます意味わからないよね。 い…

皆神山で逢いましょう

アニメ・マンガ・小説などで扱われるロケーションの頻度としては、そうとう上位に位置してるのが皆神山です。 行ってきました。 ピラミッド説、UFO発着基地、謎の群発地震、巨大地下壕などなど語りきれぬほどのトピックに彩られているこの地。 じっさいに…

バカ野郎どもの三位一体

立て続けにインドを舞台にした映画を観ました。 『きっとうまくいく』 『ダージリン急行』 の二本です。 映画にはいろんなタイプがありますが、おおまかに二つにわけることができると思います。 この世界はホームか、それともアウェーか。 世界を包容性のあ…

ピダハン

アマゾン流域の先住民の村に、宣教師として赴いた著者。 そんな人物の悪戦苦闘と発見の記録です。 学者でもある著者の言語学的な考察もふんだんにあり、「ことば」ってなんだろう? という素朴な疑問に立ち返られせてくれる。 まず結論から言うと、彼の布教…

橋の下音楽祭2015

今年もやってまいりました。 豊田の橋の下音楽祭!!!! 今回は写真をたっぷりお届けします!!! 橋の下の自由でボーダレスな雰囲気はかけがえのないものです。パンクスからロハスな兄ちゃんたちまで、子供犬から熟年まで。 国籍はモンゴル、インドネシア…

EYEHATEGOD

たぶん20歳の頃、なぜか中国にいた僕は、ルームメイトの徴兵忌避韓国人のキムに連れられて掘っ立て小屋みたいなカラオケ居酒屋の地下のオーディオルームにて轟音で『PANTERA』を聴かされた。 このシリーズを見るとそんな思い出がよぎります。 お調…

生と死のハイタッチ

祖母が亡くなった。 高齢のためいつ「その時」が来ても不思議ではなく、覚悟はしていたもののこうもあっけなく終焉が訪れるとは。 キリストのごとく復活する気配もないので、名残惜しいもののお別れすることにした。 ばあちゃんは明るい性質ではなく、同じ屋…

安定の島へ!

元素の周期表がキテる。 見てるだけでも面白いのだが、ちょっと深入りすると余計に面白い。 学生の頃に立ちはだかった暗記すべき壁ではなく、宇宙の(神様の?)パズルとして眺めてみると心震えるほど楽しいのだ。 スプーンと元素周期表――個人的には名著だと…

原子変換と聖なる山

ホドロフスキーの『ホーリーマウンテン』を観ました。 これで『エル・トポ』と『リアリティのダンス』、それに『ホドロフスキーのDUNE』とホドロフスキーに関わる作品は大体カヴァーしたことになります。 初期の短編と長編第一作『ファンド・アンド・リ…

海を越える歌

あるクリエーターの方のfacebookの記事に感動しました。 それは、ひとりの日本人カンツォーネ歌手の物語です。彼は日本で独学でイタリア語を勉強し、カンツォーネ歌手を目指していたのです。 優策さんという人なのですが、彼はそのクリエーターの方にイタリ…

続・サボテン

先日、春日井サボテンフェアでスカウトした優秀なサボテンたちはこうなりました。 ひとつは土に植え替え、ひとつは水耕栽培。 サボテンといえばメキシコということでちょっとメキシコ風ステッカーなどをボトルに貼ってみたら……? けっこういい感じじゃないで…

美しくないものにだって刺はある

三月後半はクンルンのレベル2を教えてもらったり、刀禅という武術を習ったりと、インプットの多い期間でした。 そしてね、いろいろ人生の岐路というか……ちょっとした決断をするべきかと悩んでいたりします。 まーそれはともかくとして……(現実逃避) これな…

土に還る

ジャガイモを植えた。 地雷とタイムカプセルの中間くらいの深さに埋めろとマニュアルに書いてあった! ような気がする。 まぁ、素人なんで、右も左もわからないままの作業だったのですが、あとは天地の采配、神様のさじ加減次第である。 たくさん収穫できた…

ABC戦争

英語を勉強したいと思ったのは、なにより英文を読むためです。 外国人との会話がスムーズにできるのも魅力ですが、読書が好きな僕としては、日本語未翻訳の小説やエッセイなどが読めたら幸せなのです。 また広大なネットの領域では日本語の部分はほんのわず…

スペインの味

近頃はスペイン料理に凝っていて週に2度くらいは料理しています。 写真はあさりご飯とサンゴーリョというズッキーニの卵とじ、それにタコのガリシア風です。 我ながらけっこうおいしかったです。 あとはトルティージャという卵焼きをよくつくります。中身は…

人工知能と自閉症

――ぼくは数式で宇宙の美しさを伝えたい。 ええ、お伝えします。臨場感たっぷりに。すーしきで。 ええ、すいませんとも。もちろん僕の主張ではなくてそういう本の題名でした。 自閉症と診断されたアメリカ人の少年ジェイク。その母が綴った、かなりハードな育…

笠寺観音節分前夜祭と秘めることについて

友人たちと鳴海駅周辺のお店の人たちと連れ立っていきました。 笠寺観音は名古屋の4大観音のひとつです。 ちなみに甚目寺観音、荒子観音、大須観音が残りのメジャー観音様です。 節分の祭に行くのははじめてでしたが名古屋の祭のなかでも古きよき日本の風情…

サンゲイジング

近頃、太陽の光を浴びていないことが気になって、日の出と日の入の時間に太陽を浴びるようにしています。 サンゲイジングといって日光が有害でない時間帯に太陽を見つけるという瞑想(もしく食事?詳しくは後述)があるそうです。 実は今年の冬から眠りを部…

明日は知らない

ビートルズの『tomorrow never knows』 ミスチルの同名曲もいいですが、こちらは歌詞が東洋哲学的で素晴らしいです。 禅の三祖僧サンが作った『信心銘』にも通じるものがあると思います。 Tomorrow Never Knows (明日は知らない) こころのスイッチを切って…

老人と海と子供たち

岡崎市の六所神社です。 身内の安産祈願に行きました。お守りもゲットしました。妊婦さんもお参りにきていましたので、やっぱりご利益有名なんですね。 塩土老翁という神様が居てはるらしいです。 もともとここに行こうと思ったのは、名古屋市内にある分社に…

液体窒素の哄笑――ゴーン・ガール

ベン・アフレック主演。監督はデヴィッド・フィンチャー 友よ、こいつはマズイでっせ。あなたが未婚なら結婚意欲が骨まで削がれることでしょう。既婚であらなら、同じ寝室で眠っている隣の「誰か」が……そう、文字通り得体の知れない、理解の及ばない誰かであ…

蛇の誘惑――プレイ・オブ・コンシャスネス

かなりディープなインド・ヨガ本である。 著者のムクタナンダ師匠はシッダヨガの伝統を伝える有名な方であるらしい。瞑想や霊的な体験にウェイトを置いていて、数ある聖者の自伝とはちょっと毛色が違う感じだった。 人間的なドラマを期待する向きには食い足…

戯れせんとや生れけん

年明けは我が家で遊びまくり。 疲れた……。 人狼ゲームなど心理戦で戦うゲームは、嘘をつく必要があるんだけどけっこう辛いものがあるね。法螺吹きだけど嘘はつけないタイプかもしれない。 発見だ。演技派ではないのは知ってたけど、何かを偽ることにここまで…

謹賀新年

みなさん今年もよろしくお願いします。 年末年始はPCが壊れ、かなりストレスフルな状況でした。いまもそうだけど……。 HDからデータをサルベージしたり、新しいPCを買い換えたりと大変でした。まだネットの状況が予断を許さぬ感じだけど、なんとか年始…

ジーザスでクライストな24時

「キリストってクリスマス生まれらしいよ、すごくね?」とJKが盛り上がってるらしいですが、そうですクリスマス・イヴです。すげーよね、キリスト。 恋人もいない私はキッズに相手にしてもらいました(泣) 切ないです。 しかし、今日はクリスチャンな仕上…

アウトサイダーと占いの館

「誤解されたアウトサイダー」というコーナーが設けられていた『ティムバートンの世界展』 そうですね、ティムバートンの描く世界には世間から爪弾きにされて孤独なヒーローたちがいつも登場します。 すぐに思いつくのは手が鋏になっているシザーハンズの主…

孟嘗君

戦国四君のひとり。「鶏鳴狗盗」の逸話で有名な孟嘗君の小説です。 作者は宮城谷昌光さんですね。この方の作品ははじめてだったんですけど、古代中国を題材にした作品を多く書いてらっしゃるよう。 僕は孟嘗君には興味があったんで、とても面白く読めた。食…

特撮スパシーボ!

名古屋市科学館で開催中の庵野秀明の特撮展!!! 行ってまいりました。エヴァのルーツとなる巨神兵やら昭和のヒーロー怪獣モノやら、男心をくすぐる展示が盛りだくさん。 CG全盛時代にあえて楔を打ち込むかのようなノスタルジーだけではない、特撮の新た…

競輪

元競輪選手のSさんという方と知り合った。 現在はマッサージ師のようなお仕事をされている。ような、と断定を避けるのは厳密にはマッサージではないらしいからだ。 ともかくクライアントの身体にアプローチして、その不調和を解消するというお仕事をされて…

P4P

ボクシングのスパーリングで殴られ、頭から九九の4の段が飛んで抜けてしまったどみにくです。 最近はカザフスタン人のゲンナジー・ゴロフキンというボクサーに注目してます。 専門家筋の間ではどう評されているのでしょうか。素人の僕から見ると、ちょっと…

天竺日和

インドづいてます。 ガネーシャ・ギリ先生を招いてWSを企画してくださった名古屋の先生のヨガ教室に今回はお邪魔させて頂きました。 ギリ先生の時にもいらっしゃった競輪選手の方にもまた会えましたし、今回が初対面の方もいらっしゃっていろいろお話も聞…

ガネーシャ・ギリ先生の出張ヨガ

インドでお世話になったガネーシャ・ギリ先生が出張で名古屋にやってくる、というので勇んで参加しました今回の講習会。 10人ほどのメンバーでちょうどいい一体感と親しみやすさの中で指導を受けることができました。 ギリ先生も相変わらず温厚なお人柄で…

ハロウィン&馬籠ツアー

ハロウィンちゅうイベントが日本に本格的に入ってきたのはいつなんでしょーか。 僕は10年くらい前から火がついてきた印象があります。ま、毎年やってるとちょっとマンネリというか飽きてくる印象があって、今年で一応、恒例の主催者が降りるということで打…

台風目前上陸作戦

愛知県知多半島沖にある篠島。 ここは海の幸が豊かなところで、伊勢神宮に奉納する鯛が獲れることでも有名です。その鯛を奉納する祭り御べん鯛祭を見たかったのですが、残念ながら上陸しつつあるスーパー台風19号のため中止となりました。 とは言うものの…

崑崙虚/ハイブリッドゾーン

創作意欲がむくむくと沸き上がり、こんなものを作ってしまいました。 アート一般に造詣が深いわけではないのですが……人間が実用的でない目的で制作するものには惹かれますね。 なんでそんなものを??? という疑問を呼び起こすもの。そういうもって芸術か宗…

麻薬王におれはなる!(ドン!)

海外ドラマ『ブレイキングバッド』にハマり中。 24も最後まで観る根気がなかったが、これはラストまで完走する気がする。肺癌で余命2年を宣告された化学教師が家族に金を残すために覚醒剤を製造する話。 バカ真面目な人生を歩んできたおっさんが、人生の…

岩の聲

岩船は変わっていなかった。 十年になるかならないか前のこと。趣味の仲間たちと訪れたときと変わらぬ姿で、それはそこにあった。 深山を分け入った人外の地でもなければ、神気に満ちた聖地でもない。団地の裏山、人間の気安い生活圏のそばに益田の岩船はあ…

熊野牛王符

ず~~~~~と前に那智で購入した熊野牛王符。 75匹の鴉で描かれた鴉文字で書かれています。「那智瀧宝印」と書いてあるみたいね。とてもじゃないが読めません。 額に入れてガラスにステンシルでデザインを施しました。 この符は火難除け、盗難除け、酔い…

PEACE(ジーン・ウルフ)

『新しい太陽の書』で有名なSF・ファンタジー作家ジーン・ウルフの最新翻訳作品『ピース』読了しました。 ウルフは非常に細密な作家で至るところに仕掛けがほどこしてあって、一度読んだだけでは味わいつくせない魅力がどの作品にもある。 信用できない語…

アニメ映画ベスト10+1

大人でも楽しめる・大人になってしまった今だから懐かしい極私的アニメ映画ベスト10+1 風立ちぬ 絶滅寸前の愛 ベルヴィル・ランデブー 癖があるのが癖になる。セリフ無。 AKIRA 2020年東京オリンピックへ向けた破壊と再生 MINDGAME 一昨日見たばかり…

どっぺるげんがーの夢

もうひとりの自分に会うとアウトだそうです。 しょーもない駄洒落からはじめましたがこんにちは。 昨日の起き抜けに見た夢は、もうひとりの自分に会った夢でした。 映画館のような場所で後からゾロゾロと入場してきた客の中にもうひとりの自分がいたのでした…

二重頭脳線×2

二重頭脳線って知ってますか。 手相の話なんですけどね、先日友人の手を見てたら、どーも違和感がありました。頭脳線と感情線?の間にもう一本ラインが走ってる。 「何これ? 気持ち悪いね」 「そーなの我ながらそーなの。キモいの」 みたいな話になって、ノ…

TEA CELEMONY

東京NO1soulsetで一番好きなのは「隠せない明日を連れて」ですね。 たまーに思い出したように聞いている。びみょーに切ないような懐かしくなるような曲が好きだ。 先日はオフスプリングなんかのメロコアを車内で聞いてたんだけど、やっぱり懐かしくなった…

名言二非ズ

世の中には「名言」がありますね。 偉人が語ることもあれば、なんでもない市井の人がポロリとこぼす一言もある。 「直感は、しばしば夢を証明可能な現実に変える」 バックミンスター・フラー これなどは僕の好きな名言のひとつです。 みんな大好きアインシュ…