読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレバスと炸薬亭

映画や本、お芝居などのレビューを中心にやってくよ。

宇宙に信を置くべきか

この動画はムージという方のサットサン(精神的集い?)の場面。

ムージは、有名な聖者であるラマナマハリシの弟子の弟子にあたる人らしい。

この動画がとても好きなので載せてみよう。なんていうかなユーモラスで日々を生きる勇気を搔き立ててくれもする。

「宇宙を信頼すれば、宇宙がすべてを取り計らってくれる」

いかにもスピリチュアルな人が言いそうなセリフだよね笑

でも、ここで質問者のおばちゃんは真逆の言い回しで、僕らをためらわせる。そして同時に笑わせてくれる。

「わしは宇宙なんざ、信頼してねえ、なのに宇宙はいつも放っといてくれやしねえ。このお節介な代物は一体なんなんでさぁ?」

やや品位が下がったけれど、こんなノリ???

どーしてこーなるの? みたいな。

ここでムージさんが言うことは映像のままなのだが、大切なのは、こういうことなんじゃないだろうか。

信じるとか信じないとか、そんな一個の人間の計らいを超えて、宇宙は僕らに手を差し伸べてくれている。

だからこそ、この宇宙というのは信じるに値いするのだし、人によっては信じる必要さえ生じるだろう。

もし宇宙がケチで信じるものしか救わないスケールのちっちゃい代物だったら、それこそ信を置く必要もないもんね。それは神さまと言い換えても同じかもしれない。

あと、このおばちゃんは、宇宙を信頼していないかもしれないけれど、全く「疑っていない」のかもしれない。

それならば、いつも宇宙は彼女を助け支え養うだろう。その疑いのなさですら、宇宙からもたらされたのだとしたら、それはきっとそうなるだろう。