読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレバスと炸薬亭

映画や本、お芝居などのレビューを中心にやってくよ。

幻影ヲ駆ケル太陽

$続・エビで龍を釣る

今回は宣伝です。

学生時代の友人がコミック化を発売することになりましたので、ここでヒット祈念がてら紹介させてもらいます。

ガンガンという少年向けの漫画雑誌のオンラインコミックで連載していたものが、このたびコミックとして印刷されることになったそうです。

そしてなんとアニメ化も決まっているそうです。一気にリッチになるか!!!

ずっと応援してたつもりですが、ここでこういった結果につながったことが改めて嬉しいものです。

ここまで長かったが、それでも、なんというか夢ってわりと叶うよね。

本気で人生かけて取り組んでいる人間ってのが完膚なきまでに挫折したのを見たことがありません。

ダサくても泥くさくてもモテなくても頑張り続けて何も得られなかった。そんなのを見たくないし、見なくて済みそうなわたしの幸福な人生であります。

人間には無限の可能性が、とまでナイーブには言い切れませんが、それでも無限の一歩手前くらいの可能性は秘めていると思います。

また夢を持つことが美しいだけでなく、あまりに過酷で、それを持ってしまったがゆえに、背負わなくてもいい苦しみを背負うこともあったりします。

夢ってさ、それが存在のど真ん中の突き抜けているほどシリアスなものであればあるほど、それが叶っていない状態って不幸だからさ。本気の夢であれば、その実現以前には決して自分を肯定できないもんじゃない?

夢を追いかけてる自分が好き!!!っていう感じなら別だよ。恋に恋してる。夢を夢みてる。みたいなさ。

ということで、僕はもう本気で夢を抱いたりしたくない。それこそ夢がない、なんて言われそうだが、そうゆうことでもない。

いま自分がありのままで不完全だという夢からこそ覚めたいのです。ややこしい? ま、いいか。

これで商業漫画家の友人知人は3人になってしまった。頑張ってほしい。モトクロスライダー2人にお笑い芸人1人もどみにく友人帳控えておる。夏目友人帳ばりの妖怪揃いだ。

なんでこんなラインナップなのかはわからない。ぼくのおちゃらけた人生が招いた交友関係だろう。仕方ない。みんなきっとそれなりに妖怪変化なんだろう。

ありもしないものを追いかけたりさ、してるうちに自分もありもしないもんになってくよね。でも、それって疲れるけど面白いよね。

幻影ヲ駆ケル太陽 加藤コウキ

よろしく!!!