読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレバスと炸薬亭

映画や本、お芝居などのレビューを中心にやってくよ。

離散集合

自衛隊演習の興奮冷めやらぬまま。夏の暑さは衰えることもなく、じりじり肌を焼き、HPを奪っていきますが、水分取ってがんばっていきます。

それにしても名古屋の暑さはえげつない。

熱が溜まる地勢であるのに加え、湿度が高い。蒸篭の中のおいしい点心になった気分です!

今年も海に川に戦場にと行きましたので満足度は高いです。

あとは「進撃の巨人」11巻と「パシフィック・リム」と「風立ちぬ」をコンプリートすれば思い残すことなく秋を迎えられます。

そろそろ講師会議とかお仕事関係も増えてくるからあんまりのんびりしてらんないんだけど、ともかくリフレッシュできた。

この夏、多くの人に会えてうれしかったです。

歳を取ったのでしょうか、嫌いだな~って人をずっと嫌い続けていることができなくなりました。いや心が広くなったのではなく根気が続かなくなったんだと思う笑

もともとそんなに嫌いな人が多くいるのではないのだけれども、そこにフォーカスを合わせていられなくなったという感じかな。

昔からその気があるのだけれど、面倒な人はわりと向こうから消えてくれることが多い。これまで何度かそんなことがあり、ずっとひとりの人間に苦しめられていくということは珍しいのでした。

最近もいろいろ人間関係に変化があったのだけれど、そこにあった葛藤や摩擦は、もうどうでもよくなりつつあります。

シンプルにいっしょに楽しめる人たちと楽しく日々を過ごしていきたいというのが本音。

残念ながら袂をわかってしまった人たちも、また大きな軌道を巡ってまた交差する日が来るかもしれません。それが楽しみです!! その日まで心から幸せでいて欲しいものです。

気に食わないあの人だったり、いけすかないあいつだったりも、世界に多様性を生むべく存在してるパズルのピースなのであり、どれひとつとして欠けても、不完全になってしまうのだとしたら「敵」であってもそれは必要なのでしょう。

そう気付くことではじめて「敵」は消えるのかもしれません。

そしてひとつひとつは不完全で歪つに見えるピースである僕らも、どこかに完成した全体像を埋め込まれているのだと思います。フラクタルのように。

だから、自分と他人の不完全さを楽しみたいと思います。

だから、自分と他人の完全さを信じたいと思います。