読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレバスと炸薬亭

映画や本、お芝居などのレビューを中心にやってくよ。

ざぶざぶどーん

すごい雷雨だったらしいですね。

なぜ伝聞形かというと、僕シアトル出張だったから日本の、しかも東海エリアなんて一地方の様子なんてぜんぜんわかんなかったんです。嘘。

誰も得しない嘘ではじめる一日に幸あれ。

ええ。話を戻します。

東海地方は水に沈みかけた場所も多いのではないでしょうか。歴史に残る東海大豪雨の記憶もいまだに新しい僕ら。ちょっと大雨になるといまでも慌てふためきます。

名古屋は政治的配慮により、庄内川から西の方が決壊しやすくなっていると言われています。都市機能を担っている東側よりも、貧乏で寂れた西側に川を決壊させることで東側を守ろうという算段でしょう。

まぁ、まことしやかない囁かれているだけで本当がどうかわかりませんが、そんなこともあっても不思議じゃないと思います。

僕は西側の人間です。もちろん、先の噂の出所は昔です。いまは「川向こう」のウェストサイドが貧乏だということもないのです。ただ、素行と柄は悪い。かも笑 評判もまずまず悪い。

そんなこんなで差別的な都市計画にのっとった街に住んでいるわけですが、その分、生存本能は研ぎ澄まされてきますね。冠水エリアを縫ってお買い物なんてお手のもの。いざとなればゴムボードか浮きシャチを出せばいい!

あ、……いまふいに思ったのだが、僕がよく行くお店が大丈夫だろうか? めちゃくちゃ川沿いなんだけど。浸水してねーかな。ちょっと気になるから明後日くらいに行ってみよう。

床が濡れてたら、駅前で配ってたキャバクラの宣伝ティッシュで吸い取ってあげよう。

という感じで、それなりに災害天災に負けずに生きておるわけですが、さて、近頃の日本の天候はえげつねーよね。竜巻とか、10年前じゃ考えられなかったし。

うちのばあちゃんの家は伊勢湾台風でぶっとんだが、それでも竜巻なんて代物はまだ日本に上陸しちょらんかった。未知数である。出くわしたことのない現象はやはり怖い。

今後、さらに巨大隕石の落下や次元の裂け目、ガンマ線バーストなどのとてつもないレベルのディザスターがぎゅんぎゅん襲い掛かってくる可能性もある。

どーしたらいいのだろう? あらゆる危機に対応できる万能なマニュアルというものはない。

いざとなれば十字を切って「ママ~!」と叫ぶくらいしかできないのが我々人類。虚しいものであります。

でもさ、やっぱ我々人類調子こきすぎた感あるよね。

虚栄の富を築いてドヤ顔してるチンパンジーだよね。そこのあなた、あなたのことです。もうちょっと謙虚につつましく、日々宇宙にチューニング合わせてだね、波乗りの後は海岸のゴミ拾ったりしてちょうだい!

メッカより、ディズニーランドとグラビアアイドルに礼拝してるやつのが多い国に生まれた僕らですが、あちらこちらに気を遣って分相応に腐海やオームを刺激しないようにやってかなきゃいけないわけよ。

めんどくさい?

わかってるよ。めんどくさいのは。めんどくさいのはおれも嫌いだけどさ。未来の人間がめんどくさくない世界を作るために、いまのめんどくささは多少引き受けておこうってちょっと思うのね。