読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレバスと炸薬亭

映画や本、お芝居などのレビューを中心にやってくよ。

過去からの呼び声

昨日、ツイッターで見知らぬ男性からメッセージが届きました。

実は、僕が昔、講談社から出版した小説のファンの方だというのです。名前を見て、もしやと思いメッセージをくれたそうなのです。

本当にありがたいことです。

昔の作品は若気の至りというか、勢いに任せてしまった部分、いま読むと正確でない部分などが多くあり、思い出すだけでも恥ずかしいのですが、そんなふうに何度も読み返してくれている人がいると思うと幸せです。

「もう(小説は)書かないのですか?」

と聞かれたのですが、イエスともノーとも言えませんでした。

たとえ書くとしても、10年ほどまえに書いたような書き方・表現方法は取れないからです。

そうするとその方の好きな小説ではなくなってしまうでしょうし。10年という時間はそれだけの変化を余儀なくされるに十分な時間でしょう。

もちろん、時を経てなおも変わらぬ部分もあるでしょう。そこが作品に出ればいいのですが、どうでしょうか。

突然の問い合わせにまごついてしまいましたが、それでもそう言ってくれる方がいて滅茶苦茶うれしかったのも確かです。

なにしろ書いた本人が忘れているくらいの小説ですからね。

ちょっとこそばゆい気持ちでしたが、久しぶりに元気を頂きました。