読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレバスと炸薬亭

映画や本、お芝居などのレビューを中心にやってくよ。

薩摩騒動記(2)

(前回の続き)

艱難辛苦に立ち向かうザビエルの根性に打たれたその後は???

近くにあった薩摩示現流資料館というところに行ってみました。ご存知ですか?

これはですね、東郷重位という人の編み出した剣術ですね。

小細工なし、捨て身で飛び込んでバッサリ敵を斬る。シンプルな剣術ですが、それだけに非常に強かったのだといわれています。今も修行者がいるようです。

なにしろ、資料館の一室は道場を兼ねているようで、そこで壮年の剣士が木刀を振るい続けていました。立ち木に打ちつけるので建物中に「かぃいいいいいん!」という高い音が響いていましたよ。

の帰り道、子供たちの集団に出会う。写真には写ってないけど――手前のガキが大きく出すぎだっつうの!!!――お父さんに作ってもらったというすごい剣をひとりが持っててそれを見せてもらっていたのです。

で、ついでに記念写真。せっかくの剣は映らず!!! 

ともかく鹿児島の子は人なつっこく、パワフルでよかったです!

$続・エビで龍を釣る

それにしてもこいつらはもう火山灰に適応してるのか?

眼も慣れれば痛くならないの? よくわからんけれど、へっちゃらみたいでした。おれが子供ならおとなしく家でプレステという流れになるんだけどさ。

ま、いいか。

と、いう感じでようやく宿にたどり着いた僕たちは思い荷物を降ろして、明日の明確な予定もないままにブレイクダウンしたのでした。

やれやれ