読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレバスと炸薬亭

映画や本、お芝居などのレビューを中心にやってくよ。

拳闘部

前も書きましたが、うちの学校には山本KIDさんの親戚の方がいらっしゃって、その方も格闘家です。先生たちの運動不足解消に拳闘部を作ったのですが、昨日参加してきました!

$続・エビで龍を釣る

バンテージを巻くのがけっこう難しい……。

そして基本フットワークからジャブ、ストレート、ガードの練習をしました。なかなか体力を使うなぁ。ぜえぜえ!

でも、なんというか、シューティングゲーム的な狙って当ててかわすという遊戯性があって楽しいです。

中国拳法と違う部分は、腰を回してたり、肩を入れて打ったりなど、数えあげたらキリがないですが、スポーツとしての明るく開放的なところが気に入りました。武術につきまとう秘匿性や上下関係などヘンテコなしがらみなく、誰とでも肩を並べて取り組める部分がやっぱいいですね~!

今度はフックやボディブローも習えるかな。うーむ、楽しみです。

そしてここから、本職(?)である拳術も見直してみたいと思います。さらにキックや寝技を加えたオールマイティな強さを目指してみるつもりなんだけど、もしかしたらこの世には、倒されない技、接した瞬間に勝敗を決してしまう神技も存在するかもしれません。

一撃必殺の夢ですが、いつかそこにたどり着きたいものです。

李書文や郭雲深、董海川、あるいは王向斎といた人たちはそんな夢を体現した、傑出した達人たちですが、彼らが見、知り、理解してしまった、その事を、ほんの欠片でもいいので、僕も触れたいのです。

遠大で身の程知らずの夢ですが、少しずつ近づいていくつもりです。身の程知らずが取り得の僕です。武術の神もこの図々しさに根負けしてくれないとも限らないですからね!

では、武術・格闘技探求これからも続きます。