読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレバスと炸薬亭

映画や本、お芝居などのレビューを中心にやってくよ。

全身信仰

武術や格闘技をやっていると……いや他のスポーツでも全身からの力を求められることがあります。

「手打ちになってる」と咎めれることがあります。このあたりはちょっとした罠なのではないでしょうか。ある種の紋切り型ですよね。野球のスウィングでも投球でも腕の力だけで運動をすることは過ちとされるでしょう。

しかし、ここで良しとされている「全身」とはなんでしょう。ここらへんがなかなか面白くも難しいところなんじゃないでしょうか。

最近ボクシングをしていて、「腰から力を」とか「体重の乗せて」とかアドバイスされますが、これは僕のやってる中国武術ではタブーなんですよね笑

多くの部分から力を引き出すのは普通の考えればよいことです。体幹部からの出力も。

ただし、その論でいけば、自分よりの体重の勝っている骨太で肉太の人には叶わなくなってしまう可能性があります。

そして、多くの部位を協調させることができるならいいのですが、たんに癒着して使ってしまっている場合は、運動のベクトルが濁ることになってしまうわけです。

癒着というのは必要としていない部分まで力が入り、筋肉が連動してしまうことです。

たとえば拳を強く握った時に、前腕部まで力んでしまうことってありがちです。先生が「拳は必ず強く握るように」と注意したとします。素質ある生徒はきちんと拳のパートだけに力を込めようと、つまり他の部分は抜こうと努力するはずです。

拳を握ることで、拳を振るう運動が阻害されてしまっては元も子もないから。

あるいは、

尿道を締めたときに肛門まで連動して締まってしまうのですが、それは癒着が癖になっているからでしょうか、それとも人体構造上そいう仕組みになっているからなのでしょうか?

試してみると面白いと思います。

そこらへん突き止めていくと自分の体のマッピングはかなり精密にできるようになっていくはずです。まずはバラバラに使えるようになる。そして、それを協調・連動させて使えるのと、ただ、他の部位に引っ張られて結果的に全身運動になってしまうのとは違います。

武術とは違う方向性ですが、ブレイクダンスのダンサーなどは、たぶん、運動する人体としてトップレベルに細分化された体を持っていると思います。

↑の画像に動きなどはまさにとてつもないレベルで自分の体をマッピングできている人ですね。

重力を無視した独特の浮遊感は、ある種の錯覚作用としても武術に応用できるかもしれません。もちろん中国武術でいう勁力といったものはまったく別の方法で求めねばならないため、当然すばらしいダンサーがすぐに素晴らしい武術家になれるわけではないでしょうが。

人間の可能性の一端として参考にはなります。

昔では馬の上での戦いが普通だったはずです。馬上から剣や槍を振るうときに、腰を捻ったり足で蹴ったり体重をかけたりすることは物理的にできません。馬も嫌がるだろうしね。それでも優れた武人は強い威力を出せたのですから、そこにヒントがあるように思います。

危険なのでお勧めはしませんが、僕は自転車に乗って、手放し運転で、たまにパンチを繰り出したりする遊びをします笑 バランスを取りながら、腕だけで突きを出すのって以外と難しいものです。風の強い日などとくに大変です。

自転車の上ですので、あまり力感のあるパンチは出せないのですが、それがイコール威力が低いパンチであるかどうかは検証してみる必要があります。

馬上で凄まじい弓勢で矢を放つことに比べれば児戯に等しいものだろう、昔日の達人武者などに思いを馳せながら自分を追い立てて拳を振るっているのですが、そのうち車に轢かれるかもしれません。

自重します。