読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレバスと炸薬亭

映画や本、お芝居などのレビューを中心にやってくよ。

ファイヤーダンス!

昨日はたびたび遊びにいくカフェにてファイヤーダンスを観ました。

原住民のリンボーダンス的なものを思い描いていましたが、かなり(いい意味で)違った印象でした。スレンダーでしなやかな女性ダンサーが危険で美しい火と戯れる素晴らしいひとときでした。

そう、火は危険で美しいのです。猛獣使いのように火を扱うのではなく、懐に忍ばせているうちに自分を傷つけてしまう鋭い刃物のように慎重に優雅に火は踊っていました。

古い時代のエジプトやペルシャの踊り子たちはこんなふうに、ぬばたまの夜を炎で焦がしていたのでしょう。

よかった!

同行の友人は酔っ払ってドロドロになってましたが、そこも問題なし。

音楽とたわいないジョークで過ごす夜ほどかけがえのないものがあろうか。それぞれを取り巻く状況は変われど、こんな夜はひとつだ。

それに炎のダンスが加われば、もう言うことはない。

原始の本能が炎の輝きで高揚するあの感じ。生命力が活性化するのを感じるはず、です!