読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレバスと炸薬亭

映画や本、お芝居などのレビューを中心にやってくよ。

骨密度と合宿

加齢とともに骨密度が下がるといわれている。

「老人はちょっと転ぶと怪我をする」式のあれだ。しかし、最近出会ったある人の話によると、人間は加齢とともに骨密度が上がるのだという。

密度が下がるのは別の要因があり、自然の状態であれば、野生動物なども歳を経るごとに骨や腱は硬くなるらしい。

もちろん、全体的な柔軟性やしなやかさはだんだんと失われていくものの、老成するとともに剛直で確固とした動きや姿勢が可能になるのが生き物であるはずなんだってさ。

いや、筋肉は衰えるだけに、柔らかさと丸みを兼ね備えた剛柔一体の境地が開けるのかな?

理想的には。

ちょっと眼からウロコでした。

人間の骨が脆くなるのは、おそらくミネラル不足を骨から補うことによるのだろう。つまり食生活や生活習慣の問題。

ある意味、生き物は強くなり続けるようにデザインされている。

武術の中にもそんな経年とともに変化する身体のしくみをうまく活かせるはず。

武術といえば、今期の合宿も無事終わり、かつてないほどの昇段者が出た。今回2段になったW君の試験の相手をさせてもらったが、なかなか強くて苦労させられました。

彼の真っ直ぐで邪念のない取り組みは素晴らしいと思う。僕の邪念にみちた曲がりくねった姿勢とはまさに対極である笑

人は強くなり続けると最前述べたばかりなので申し訳ないが、結局強くなるのも弱くなるのもお天道様次第という気もする。10年も武術やってるとそう思う。まだ10年かよ、という緒先輩方もいるかと思うけどさ。

怪我も病気もスランプもある中人生の中で、後戻りも迂回もせずに一直線に強くなり続けるなんていうのもムシのいい話でしょう。

強さも弱さも、明るさも暗さも、ひとつに混ぜ合わせて、この道行きを楽しみましょう。