読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレバスと炸薬亭

映画や本、お芝居などのレビューを中心にやってくよ。

ゴジラは気にくわねー

ハリウッド版『GODZILLA』の感想を述べようと思う。

ネタバレありかもです。ご注意。

まず、CGを使ってあえて着ぐるみを中から人が動かしているような倒錯的な運動感を出したというあたり、東宝ゴジラへの目配せというかリスペクトがあって素晴らしい。

その他の部分でも映像の迫力とクオリティは申し分ない。

それにアメリカ映画なのに反省的に広島の原爆の話題に触れているのは希有なこと。監督の歴史感覚は信頼に値すると思う。

でも、

何か釈然としない。というか、はっきり腹立たしい部分がある。

前提として、この映画はパシフィックリムのような娯楽大作では済まされない部分がある。「怪獣が出てきてテンション上がって、ひゃっほー」では収まらないのは、いまだ収束していない福島の原発事故をまざまざと思い出させるようなメルトダウンを劇中日本で起こしたことだ。

この時点で、エンターテイメントですから、という言い訳は通用しないシリアスな領域に踏み込んでいることになる。

もうひとつ言えば、オリジナルのゴジラ(特に第一作)が決して娯楽の枠に収まりきらない社会的な作品だったこともある。

もともと実際にあったアメリカの核実験(ビキニ環礁における)を風刺したものだった。その実験で日本の漁船も被爆していることも忘れてはならない。そんな核という人類が作り出したモンスターの具現化としてゴジラは生まれた。

ここまでは予備的な知識。

で、今回のゴジラはなんだろう。渡辺謙扮する博士曰く「ゴジラは調和を求める」らしいのだが、地球の調和を守るためなら、怪獣「MUTO」ではなくて人類をこそ根絶やしにするべきだろう。

だいたい人類の眼から見ても怪獣「MUTO」(放射線をエネルギー源にする)は人を襲うわけではないのだし、核兵器を食べてくれるのだから、長期的に見れば人類の核廃絶に一役買ってくれるに違いない。

平和の使者、というのは言いすぎとしても、害獣というよりむしろ益獣といった意味合いも強い。

そうするとますます、なぜ呼ばれてもないのにゴジラがしゃしゃり出てきて「MUTO」を退治したのかわからない。

ただただ自分の強さを誇示するためにケンカがしたかったとしか見えない。

そう、調和を正義と置き換えるなら、ゴジラのやり方はまさにアメリカそのもの。人のケンカに首突っ込んで世界の警察気取り。

今回のゴジラがアメリカで大ヒットしたのは頷ける。ゴジラの姿はこれまでのアメリカのメンタリティと行動性の写し絵だからね。

というわけで、このゴジラは気に食わない。

最後に「MUTO」をぶっ殺したゴジラが、人々の「ゴジラは救世主か?」なんちゅう歓呼を尻目に事のついでとばかりに、ホワイトハウスウォール街を破壊して、さらにイエローストーン火山を刺激して噴火させたりすれば、すごい名作になっていただろう。

それはまさにアメリカによるアメリカの破壊となっただろうから。もちろん、今度のような大ヒットは望めなかっただろうが稀に見る自己批評映画として映画史に残ったかもしれない。