読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレバスと炸薬亭

映画や本、お芝居などのレビューを中心にやってくよ。

岩の聲

岩船は変わっていなかった。

十年になるかならないか前のこと。趣味の仲間たちと訪れたときと変わらぬ姿で、それはそこにあった。

深山を分け入った人外の地でもなければ、神気に満ちた聖地でもない。団地の裏山、人間の気安い生活圏のそばに益田の岩船はある。

上から見ると↓

という具合。古代人の巨石なのです。

描写は難しいが、写真に見えるごとく、周囲にはウロコ状の浮き彫りがあり、丈夫には四角い穴がふたつ穿たれている。船に見えないこともないが……うーん。なんともカテゴライズできない形状である。

この抽象度の高いデザインとでーんとした佇まいが好きなのです。

奈良は好きなので何度も行っています。先日は友人のモトクロスレースを観戦に行ったついでに観光。

夏過ぎたと油断したら強烈な日差しでして、いまさら日焼けしてしまった。ほぼ火傷だけど。

観光で行きたかった本命の場所があったのですが……たどりつけなかった。マニアック過ぎて地元の人も知らないという場所なだけに、ナビにも出てこず、山中を徒歩で車で彷徨うばかり。

今度はちゃんと作戦を練ってリトライしたいと思います。