読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレバスと炸薬亭

映画や本、お芝居などのレビューを中心にやってくよ。

美しくないものにだって刺はある

三月後半はクンルンのレベル2を教えてもらったり、刀禅という武術を習ったりと、インプットの多い期間でした。

そしてね、いろいろ人生の岐路というか……ちょっとした決断をするべきかと悩んでいたりします。

まーそれはともかくとして……(現実逃避)

これなんだと思いますか。

石神神宮という奈良県にある神社のお守りです。剣が神様になっているので、七支刀の意匠が施されているのです。

袋からしてなかなか特異なデザインなので気に入っています。

僕は車のルームミラーにぶら下げて交通安全のお守りとして使わせてもらっているのですが……先日これを見た友達の女の子が助手席で「わーサボテンのお守り?」と声を上げたのです。

そういえばそう見えないこともない。いや、そう言われてみればサボテンにしか見えなくなってきたかも笑

彼女がそう言い出したのもわけがありまして、ちょうどこの日春日井市のサボテンフェアなるものに出かけていたのでした。なのでサボテンで頭いっぱいの彼女は、このお守りを見て疑うことなく「サボテン」と口にしたのでしょう。

無理もねえ。でもさ、日本にサボテンの神様がいるかとか、ちょっと考えたらわかりそうなものですが。まぁ、深く考えたりしないところが魅力だったりする人もいるからいいか。

サボテンは最近急に好きになってきました。

自然の造詣の中で深海魚なんかと並んで最もユニークな生物なんじゃないでしょうか。

中でもちょっと奇形というか、突然変異っぽい綴化やモンストローサと呼ばれる固体はただでさえ不思議な形状のサボテンに輪をかけて「変!」になります。

こういった異形をかえって珍しいとありがたがるなんてこともあるそうで、サボテン愛好家の人の博愛の精神に心打たれた次第であります。

この日は生憎の雨でしたが、濡れながら2つの多肉植物をゲットしました。ひとつは土で、ひとつは水耕で育てようと思います。

ちゃんと植え替えたらまた紹介したいと思います。