読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレバスと炸薬亭

映画や本、お芝居などのレビューを中心にやってくよ。

黄金律

キャッチ&リリースの巻(雑感)

朝、シャワーを浴びながら意識にチラついてた言葉は「黄金律」

そのまま歯医者に行き、待合室の本棚にあったノーマン・ロックウェルの画集を開くとありました。

Goleden Rule (黄金律)という題の絵が。

こういったシンクロシニティは珍しくないですが、何度味わっても新鮮な驚きがあります。

黄金律とは多くの宗教や道徳観の中で言われてることでようするに

「他人にしてもらいたいと思うような行為をせよ」

ってことらしい。ふむふむ。

子供の頃から親や教師に言われてるにもかかわらず言ってる本人たちがあまり体現できていないことでもあるよね。正反対のことをしていることもしばしば。

ただ、この言葉、もうちょっと続きというか、補足があるような気がする。それはたぶんこうだ。

「でも、だからって、あなたにひとつもイイことなんか起こらないかもしんないけどね!」

うん、少なくても物質的な見返りはないかもしれない。キリストだってあんな目に合ったわけだし。

フツーの幸せを黄金律は保証してない。

それはきっと「自由」の意味や獲得と関わるんだと思う。