読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレバスと炸薬亭

映画や本、お芝居などのレビューを中心にやってくよ。

誰かの続きを続ける。(この世界の片隅に)

評判を聞きつけて行きましたとも。

 

片淵監督の短い談話からはじまる映画はとても濃密で鮮烈なものとなった。

 

「誰かの代わりを生きることはできなくとも誰かの続きを生きることはできる」

鑑賞後、ふと浮かんできたフレーズである。

 

”笑顔の入れもの"になりたいというヒロインすずの感慨をわたしなりに解釈するとこんな感じとなる。

 

先走りすぎた。軽く説明しよう。

 

これは戦時中の広島・呉に生きる家族を描いたどこまでも日常的な作品。ヒロインすずは広島から呉へと嫁入りし、そこで淡々とそれでいて忙しい毎日を送ることとなる。

 

戦争は緊迫の度を増しているが、すずが嫁いだ北条家には素朴でおっとりとしたすずを温かく迎えてくれる(兄嫁はちょいと面倒だが)。

 

日々の暮らしやふとした情感。それらが食べ物や衣服、草木や虫たちを通して美しく語られる。これを日常系の映画と呼ぶことも間違いじゃない。

 

いまこの記事を書きながら、わたしは橋本愛さんが好演している『リトルフォレスト』というこれまた素晴らしい映画を思い出した。生活のこまごました描写に共通するものがあるかもしれない。

 

しかし日常系と呼ぶだけで収まらないものがある。逞しく生きる彼らの背後にはおそろしい暴力装置が稼働しているからだ。戦争映画や反戦映画として見ることもできるだろう。

 

でもジャンルやカテゴリーに分けることを拒む力がこの映画にはある。積み重ねられた細部が飽和してある力強い声となってスクリーンから迸り出ている。

 

その声に震えてしまえば、あまり言葉がでなくなる。涙した人も多いと聞くが、わたしは泣かなかった。感動していないというのではない、もちろんその逆だ。何かに鷲掴みにされ、打ちのめされた心はわずかの間停止してしまったのだ。

 

ここには嬲られ、踏みつけられ、捻じ曲げられ、破壊されてしまった多くの人やモノが登場するが、そういった暴力の影響を受け付けないとてつもなく肯定的な何かの気配も色濃く刻印されている。

 

100年のスパンで残るかもしれない傑作。観られてよかった。

 

konosekai.jp