読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレバスと炸薬亭

映画や本、お芝居などのレビューを中心にやってくよ。

宇宙一の立ちションベン(思いやりのススメ)

Netflixでは良質なオリジナル作品を見ることができる。

 

『思いやりのススメ』は原題を『FUNDAMENTAL CARING』と言い、直訳すると「思いやりの基礎」???かな。

 

息子を亡くし妻とも離婚という羽目になった男=アントマンを演じたポール・ラットが、難病の青年=クレイグ・ロバーツの介護をする。そのうち、あれやこれやの末、二人だけで旅に出るという筋立て。

 

途中旅は新たな仲間を加えながらそれぞれを過去と未来に向き合わせていく、といった感じかな。知らなかったけど大人気セレーナ・ゴメスも家出少女役で出てる。

 

上質なロードムービーなのは確かですが、これは凸凹バディものとしてもすぐれている。バツイチ男と難病青年の歯に衣着せぬ言い合いぶつかり合いは、胸がすく気持ちよさだ。

 

クレイグ・ロバーツの口汚さは一級品だが、どこかガキの背伸びな感じがして可愛くもある。やもすれば感動ポルノになりがちな設定を救っているのは、このクソガキ感だろう。

 

この旅に青年はどん底に突き落とされるのだが、破れた幻想の向こうに何か新しいものを発見する。それは初恋だったり生命の温もりだったりする。

 

そして念願の宇宙一の立ちションベン(車椅子の彼はひとりで用を足すことができない。立ちションベンはもちろん!)を成功させることができるのか。

 

旅の目的があっけなく破壊されても旅は何かを旅人に残す。細かな伏線と裏切りを重ねて、ユーモラスで美しいラストにたどり着くまで視聴者は眼が離せない。こいつらはどこまでも危なっかしいから。

 

そして旅は続く。