読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレバスと炸薬亭

映画や本、お芝居などのレビューを中心にやってくよ。

七転び八起きやで信仰は

評判のいい『沈黙』を観てきました。
 
原作未読でしたがともかくいろいろ考えさせられた。
 
キリスト教を弾圧する側の日本人たちがステレオタイプな悪役として描かれていなかったのがよかった。さすがスコセッシ様。
 
当時の宣教師たちが奴隷貿易と結託していた(もちろんそれに反対した宣教師もいたがイエズス会は後年に至るまで黙認)こと、キリスト教の布教がその後の植民地と重なっていくことなどを考え合わせるとキリシタン排斥政策は仕方のない一面もあるよね。
 
宣教師たちが日本の文化程度を無意識に見下してると見抜く通辞・浅野忠信のセリフとかよかった。
 
この小さな島国にも誇るに足る精神性が根付いてる。それを踏み絵より先に踏みつけにしたのはおまえらじゃないのか、という鋭い声が作中に響いていて頼もしい。
 
そのあたりを差っ引いてもやっぱりジャングルだろうと砂漠だろうとグングン突っ込んで宣教するカトリックの宣教師の情熱はすごいと思う。
 
仏教とかの布教は基本的に交流のある国に招かれたりして行くってパターンが多い気がするけどカトリックの人たちはガチの飛び込み営業だからな。
 
相手が首狩り族だったり食人族だったりしても聖書と十字架をプレゼンしなきゃならない。言葉も通じないしプロジェクターもパワーポイントもない。過酷すぎてげんなりする。
 
テーマになっている信仰そのものについてはこう思う。
 
神様は何も赦さない。そもそも咎めないから。何も咎めたりしない存在が赦すことがあろうだろうか。